日本文化大学は法学部だけを設置する単科大学

  • 単純な学問だけではない日本文化大学の方針

    • 日本文化大学では、学問の本質を見定めて勉学を進めていくことを教育の主軸としています。


      表面的なことに囚われずに本質を理解していくことによって学問の深奥部分までしっかりと理解することを目標としているわけです。

      この目標の主軸があるからこそ、実務界の要求に応えるときにも倫理観を忘れずに学問の文言解釈を飛躍させ過ぎないように努力しています。

      日本文化大学 / 大学のことなら"ISIZE大学"

      とくに、この傾向は法学に通じていることが多いです。

      実際に、法学部では専門の法律や法政の立場から関係がないような事柄であっても、基本的な理念や関係法を学んでいくように工夫をしています。


      これは、日本文化大学の学生だけではなく、その指導を行う指導者に関しても同様です。



      文化教養と理性的な判断の2つの立場から、実用的かつ学問的な単位の取得を学生あるいは指導者に求めています。



      文字通り、形だけではなく過去から受け継がれた倫理観と、過去の文化的な叡智を含めて日本文化大学で学問を行っているわけです。


  • 関連リンク

    • 日本文化大学では、学問の本質を見定めて勉学を進めていくことを教育の主軸としています。表面的なことに囚われずに本質を理解していくことによって学問の深奥部分までしっかりと理解することを目標としているわけです。...

    • 日本文化大学の学長のメッセージでは、社会に貢献できる人になってほしいということが伝えられています。学問探究とともに品位や教養を磨くことで日本人としての誇り大切にしていくということがメッセージとして紹介されているのです。...